HYが所属事務所・テレ朝ミュージックと契約終了!今後これからは東屋慶名建設で。ファンクラブ解散で各種アカウント閉鎖に。

沖縄出身のバンドHYが、
2013年4月23日をもって所属しているマネージメント事務所である
テレビ朝日ミュージック(通称:テレ朝ミュージック)との契約を終了した。

事務所との契約終了は、

Sponsored Link

HYのメンバーが強く希望したことにより決定したとのこと。

テレビ朝日ニュージック側は、継続してのサポートを希望していたとのこと。


いちばん近くに(MV)/ HY公式

HY 各種媒体 アカウントの閉鎖とファンクラブの解散

事務所との契約終了をもって、
オフィシャルウェブサイト「HY Mode」
HY official Twitterアカウント
HY official Facebookページ
HY official mixiアカウント
上記などの公式アカウントは閉鎖。

オフィシャルファンクラブ「HY Club」も解散となる方向。

参考:HY OFFICIAL SITE 「HY Mode」


HY てがみ PV

HY 今後の活動は東屋慶名建設名義で

テレ朝ミュージックの事務所契約終了後、
今後は、自主レーベルである「東屋慶名建設」名義で活動していく、
と伝えられている。
(これもあくまで現状の予定となっている)

東屋慶名建設とは、
HYメンバーの地元である沖縄本島中部、
うるま市の与那城「東屋慶名(ひがしやけな(Higashi-Yakena))」が由来しており、
実際に建設会社があるわけではない。

バンド名HYも、「東屋慶名(ひがしやけな(Higashi-Yakena))」のイニシャルからとっている。

これまでの活動は、
2001年のインディーズデビューから、
2003年に2枚目のアルバム「Street Story」で一気にオリコンチャート1位へ。
(当時、沖縄アーティストブームで、ブレイクアーティストが続出していた)
2007年には海外ツアーも経験し、
2010年、2012年には紅白歌合戦にも出場。

当初は、ラップの掛け合い的な楽曲のイメージが強かったが、
段々としっとりと歌を聴かせる本格派バンドに成長していった。

第一線級のアーティストが自主レーベルでの活動は、
最近ではスガシカオさんの例などがある。

それまでのマネージメント会社との共存から、自主的な活動での露出へ。
沖縄のバンドでは、モンゴル800などがそれに近い活動をしてきている。

昨年2012年も紅白歌合戦に出場しているし、注目度は引き続き高い。
今後の活動が、注目されるところである。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

无觅相关文章插件,快速提升流量